序文:あなたはここにいる。

この文書は次に挙げる彼らからのインスピレーションとミーム的な貢献無しには書けなかっただろう:

テレンス・マッケナ リチャード・ドーキンス ナヴァル・ラヴィカント アレステア・レナルズ ニール・スティーヴンスン デイビッド・スミス サトシ・ナカモト

世界の10大企業のうち7社が、未来のインターネットの基礎となる層を制するため激しい争いを繰り広げている。時価総額12兆5000億ドル、数十万人ものソフトウェア、ハードウェアのエンジニアを擁するこれらの企業は、キーとなる能力、空間コンピューティングを開発しようと競い合っている。

そのゴールは、デジタル機器が物理的な世界を理解しナビゲートできるようにすることだ。それはメタバース、人工知能、ロボット工学、スマートシティといった未来のための必須条件である。

費用は惜しまない。デジタルと物理的な領域の垣根は取り払われようとしている。人間がデジタルの世界に消えていくのではなく、デジタルを我々の世界に呼び寄せているのだ。

空間コンピューティングは、人工知能が現実世界で人類とともに活動することを可能にする。

しかし、このテクノロジーの競争には暗黒の裏側があり、それは私たちの認知的自由を危険に晒している。空間コンピューティングのある未来へは、膨大な量のセンサーデータを必要とし、それは増え続けるカメラから取得される。カメラが設置されているのは私たちの公共スペース、ビジネススペース、家庭、そして私たちの顔の上だ。

空間コンピューティング業界は、私たちの目を通して世界を見ることができる巨大な監視装置を作ろうとしている。この競争を制するものは、私たちの思考そのものを監視し改変する、想像を絶するような力を手にすることになるだろう。

しかし、希望はある。新たに生まれた分散化運動と暗号通貨の発明は、人々と自由市場の力がテクノロジーの寡頭支配に対抗するための小さなチャンスを生み出した。

文明は岐路に立たされており、私たちの行動が、人類がどのような未来を受け継ぐかを決定する。この10年だ。ここですべてが決まる。あなたはここにいる。

最終更新